車買取業者は問題を抱えた車でも買取りをしています。

車検が切れている車や車検の残り期間が短い車などの買取りも行われています。
もちろん、抱えた問題の大小によって車の買取り額も変わってきます。

例えば、車検の残り期間の長短によって車の買取り額は違うのでしょうか。
例えば、車検が切れてしまっている車と車検が少しでも残っている車とでは、
買取額が大きく違ってくるのでしょうか。

以前に中古車を購入した車の買取りもしている中古車ディーラーに聞いてみました。

結論としては、車検が残っていても、切れてしまっていても、
車の買取査定額はそんなに大きく変わらないとのことでした。

車の買取りに関して素人の私としては、何となく納得がいきません。

車検が残っていれば、車検が切れている車との差はそれなりにありそうだと思うのですが、
業界での見方は違うようです。

車検が2年満タンに残っていれば、買取額にも反映するようですが、
車検を受けてすぐに車を売るとは考えにくいので現実的ではありませんね。

では、なぜ車検が残っていても買取価格に反映されないのでしょうか?

実は車買取業者は自社の自動車整備工場か、提携している自動車整備工場があるのです。

このことが、どう車の買取り価格に影響するのでしょうか?

車買取業者が自社または提携する自動車整備工場を持っていることで、
一般の人たちよりも車検費用が格安で済む訳です。

ですから、買取る車の車検が長く残っていても、短かくても、
切れてしまっていても、車の買取額にはそんなに大きく影響しないのですね。

まとめると、
・車が高く売れるだろうと、車検を受けてから買取査定に出すことは厳禁
・車検の期限スレスレになると早く売らなければと焦るので、車検の2ヶ月前には売ること
・車検の残り期間は車の買取額にあまり反映されないことを承知して売却すること
ということになります。