車買取りと言えば、必ず比べられるのが自動車ディーラーの下取り価格です。

なんだかんだと言っても、
どちらが車を高く買取りするかということに関心が行くと思うのです。

もう、世の中の通説になっていますが、
自動車ディーラーの下取り価格は安いです。

たいていの人は、車を買い替える時に、
そのディーラーを恨みますね。

それでも、自動車ディーラーの下取りに車を出す人が多いのです。

これは何故でしょうか。

簡単な話が、新車への移行がスムーズで楽だからです。
車のオーナーはほぼ何もしなくても、車を乗り換えられるのです。

でも、車買取業者の車の買取り額とディーラーの下取り価格では、
10万円から20万円も違うと言われています。

それでも、ディーラーに任せるということは、
10万円や20万円よりも自分は動かないということを選ぶということですね。
ある意味、すごい・・・のですが。。。

でも、そればかりではないようです。

実は、車買取店の車買取額の方が高いと分かっていても
ディーラーの下取りを選ぶ方の中には、
車買取業者が怖いと思っている方がいるようなのです。

どういうことかと言えば、
車買取業者に騙されるような気がすると言うのです。

車買取業者に車を安く買い叩かれやしないかと思っているようです。
その気持ちも分からないでもないのですが、
テレビコマーシャルや新聞広告などもしている有名大手の車買取業者ならば
まず、心配はないでしょう。

とは言っても、やはり心配なものは心配なのでしょうね。

確かに、何の落ち度というかダメージのない車を売ろうとする場合は大丈夫ですが、
車に何らかの問題がある場合は、かなり気後れしてしまうのが普通だと思います。

売りたい車が、車検切れだったり、どこかが故障していたり、サビが出ていたりすると、
やはり、車の買取り額は安いのだろうなぁと思うことは普通です。

しかし、車買取業者に限らず、問題のある車の場合は、自動車ディーラーの下取りも
やはり安くなるので、同じことなのですね。

なので、どうせなら両方をしっかりと比べてしまえばいいと思うのです。

自動車のディーラーに下取り価格を聞き、それを基本に車買取業者の買取額は
いくらになるのかを競わせればいいのです。