車検切れの車を車買取専門店に売りたいけれど、
車検が切れていることで買取額が安くなりそうだから、
車検を通してから売却するのはどうでしょうか。

結論から言うと、車検に通してから売却するのはおススメしません

車に何か問題があると、
どうしても買取りに出そうと思っても気後れしがちですよね。

でも、車買取りの場合は、
そのままの状態で車の査定を受けるのがベストなのです。

車が抱えている問題を解決してから車買取店に売却しても得なことはまずありません。

車検が切れそうな車や車検が切れている車の、
車検を通してから車買取査定に出すことは得にはならないということです。

理由としては、車買取業者には車整備工場があるのです。
その整備工場は自社のものだったり、提携しているものだったりしますが、
いずれにせよ、車検や修理が安くできる訳です。

なので、素人の私たちが、
例えば車検を通す費用に10万円かけたとしても、
車検費用の10万円が車買取額にそのまま加算されることは絶対にないということです。
車買取りに出すのなら、車検を通してから・・・と、考えることは止めましょう。

とにかく、車検の有無、または車検の残り期間の長短で、
車の買取額はそんなに大きく変わらないと肝に銘じましょう。
言い方を変えれば、車買取査定において車検切れの車だからと、
それが思ったほど大きなマイナス要因にはならないということです。

とは言え、車検切れの車を車買取店に持ち込むと、
「車検がありませんからねぇ、どうしても減額になります」
と、言われます。

ま、これは車買取専門店の決まり文句と思ってください。
車買取店も少しでも車を安く買いたいのです。
だから、決まり文句を言われて、
「ああ、そうですか」
と、車買取店の言いなりになってはいけません。
相手も決まり文句ということを分かって言っているのですから、
聞き流せばいいのです。

車検が切れているというマイナス要因は気にしないで、
そのまま車の買取り査定をしましょう。
車検を受けてから査定をすることだけはNGだと覚えておきましょう。